スマートフォン戦線『Xbox+Windows+携帯』

Pocket

xbox_mobile.jpg

スマートフォン戦線『Xbox+Windows+携帯』


最近、AndroidiPhoneなどのスマートフォンの記事をよく目にする。
実際に朝、通勤電車に乗ると多くの人がiPhone持っているのを見かける。
覗けば、Twitterを見てる人が多く見られる。
帰宅時には、マージャンやパズルなどのゲームをやっている人を多く見る。
また、女性でもiPhoneを使ってる人をちょくちょくみる。apple=オシャレからか。
それと比べて、Android携帯は現在、まだ機種が少ないからかあまり持っている人を見ない。
DocomoもPRO seriesという位置決めで、どこかおもおもしくターゲット層が狭すぎるのではないか?
女性ターゲットを入れている気がしない。
ということは置いといて、前からあったネタなのかも知れませんが、

Windows Phone という記事に驚いた。

以前から、WillcomでWindows mobileはありましたが、
Windows phoneの存在は知らなかった。

Windows phoneとは、
・ソーシャルネットワーク上の友人・知人のアクティビティチェックが可能
・写真や動画をソーシャルネットワーク上で共有。PC や Web で撮影した写真を手軽に送れる
・Xbox LIVE のゲームをプレイ可能
・ポータブルプレイヤー「Zune HD」の機能をほぼそのまま搭載
・オンラインの音楽サービスと連携
・Microsoft Office、OneNote?、SharePoint? Workspace へアクセス可能

XBoxのゲーム連動とか、友人・知人が今オンライブなのかチェックできるとかは面白そうだなーと思った。
iPhoneに続いて、Android,Windows Phoneと続々とスマートフォンが出てくるが、一体何が生き残るのか?
既存の携帯をどう変わってくるのかなどとても気になる。



今後、ほんとにスマートフォンが伸びてくるんだろうか?

こんな記事があった。
AppleやGoogleが言いたがらない、スマートフォンの10の欠点
確かに、キーボードは最悪に使いづらい。
アプリは大量にあるが、ありすぎて探すのがめんどくさいなど

結論、個人的にはどの端末が生き残ったとしてもFlashで開発できるようにしていてほしい。
Adobe OpenScreenProject

■関連記事
米マイクロソフト、スマートフォン向けの新たなOSを発表
Acer、Android 2.1端末など新スマートフォンを発表
ついにスマートフォン用OS「Windows Phone 7」正式発表、スクリーンショットやムービーで徹底解説
アドビ、携帯電話向け「Linux」の推進団体に参加–「Flash」利用拡大を目指す

Pocket

あわせて読みたい