[Idea]未来の老後 -タイムカプセルVR-

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

[Idea]未来の老後 -タイムカプセルVR-


みなさん、老後の世界ってどういうイメージがありますか?
自分の親や身内の話を聞くと介護問題や高齢化での一人暮らしといった悩みを耳にします。
こういう話を聞いた時に、”自分はまだ対象外”ということで関心があまりなかったりしませんか。
でも裏を返せば、自分達が老人になった時にそういった世界が垣間見えているということでもありますよね。

今回は、この老後について、
自分たちが老人になった時にもしかしたら楽しくない世界になってしまうかもしれない。
だからこそ、今から未来の自分たちにできることは何だろうという観点でアイデアを考えて見ました。

今回がトキメキ系アイデアシリーズ第三弾
過去には以下のようなアイデアを考えてみました。

 

◆コンセプト
あの素晴らしい”トキ”をもう一度

◆概要
思い出は歳を取れば取るほど、あの頃はよかったなーと染み染みすることが増えてきますよね。
その思い出をよりリアルに蘇らせるサービスです。
2018年現在では、GooglePhotoFacebookの1年前の投稿、過去の今日の投稿といった内容がイメージに近いかもしれません。

◆仕組み
180°カメラがついた特殊ARグラス or 360°カメラがついた帽子をつけることで実現します。
そのカメラは次世代移動通信「5G」などの高速データ通信で常に、自分の見えている世界をサーバーへアップロードできる環境を用意します。
ただ、データを全てアップロードしてしまうとさすがに大変膨大な容量になってしまうために、余分な映像はサーバーにアップしたくないですよね。そこで、心拍数を測るアップルウォッチのようなiotデバイスをつけます。そうすることで、その人の標準心拍数を学習させ基準値を設けます。その基準値が上がった瞬間に映像をサーバーにアップロードする仕組みを作ります。その際に、GPSでの位置情報データと映像に写っているモノ・人を判定してタグづけをします。

こうして日々の重要な思い出データを蓄積していきます。
自分の脳で記憶しておくことだけでなく+デジタルデータとして脳の記憶領域を拡張するイメージです。
そして、自分が高齢化した際にこのデータを蘇らせより忠実に昔の良い記憶を呼び戻します。

高校時代の青春の思い出。3階の渡り廊下で告白されたトキのドキドキ
いつも同じ通学路で見かけていたあの子と遭遇してたトキのトキメキ
彼女と初めていった花火大会のトキのドキドキ
自分の初めての子供が生まれたトキのドキドキ
などなど

自分が死ぬ寸前には、走馬灯のようにいい思い出だけを見ながら安らかに眠れたら幸せです。
テクノロジーが急速に進化している現在。
叶わなそうなことも実現できそうな気がしますね。

今回は老後をテーマということで考えて見ました。
ではでは。

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする